白内障 予防

眼の疾患として良く知られているものに白内障があります。
水晶体が濁る事で、かすんだりぼやけてものが見える症状です。
このような水晶体が灰白色や黄白色に濁る事自体は病気ではなく老化の一環だといわれます。
年齢を重ねるにつれて症状を訴える割合は増え、80歳以上の高齢者になるとほとんどの人が白内障の症状がみられると言われています。
40代でも白内障が発症することも多く、老化以外の原因で発症することがあります。
先天性、胎内感染、有害光線、レントゲンなどの放射線被曝、強い衝撃などの外傷性、栄養不足・・・など原因は他にも多数あります。

 

白内障は点眼薬や内服薬で進行を遅らせることも出来ますが、進行すると手術をする場合もあります。
手術は15分ほどで日帰りが殆どですが、高血圧などの症状がある場合は入院も必要となります。
国内で白内障は失明の率も非常に低く、今ではポピュラーな病気となっています。
しかし、世界的に見ると眼病による失明率は1位になるほど高いと言われています。

 

白内障は一度なってしまうと薬では治すことが出来ず、進行を抑えたり予防が目的として使われます。
この為、白内障はなる前の予防が大切で、症状が出てきたら進行を食い止めることがとても大事になります。

 

白内障の予防には眼科医で出される薬もありますが、日常のアンチエイジングを試みることで予防が可能です。
白内障の原因は酸化ストレスです。
この酸化ストレスを排除することが白内障の予防に繋がります。
目にダメージを与える紫外線対策やサングラスの着用も心がけましょう。
また、抗酸化作用の高い栄養素を積極的に摂ることもとても大切になります。

 

抗酸化作用の高いものにはブルーベリーなどのポリフェノールやビタミンC・E、ルテインがあります。
白内障の予防のためにこのような抗酸化作用の高い栄養素のある食べ物や、サプリメントに期待が出来ます。