老眼 ルテイン

老眼に良いと思う成分は?というアンケートでアントシアニン、ブルーベリーなどと肩を並べてルテインが出てきます。
老眼にルテイン…というのはもう常識のように広まっているんですね。
このルテインは600種以上のカロテノイドの1つです。
ケールやほうれん草などの緑黄色野菜や卵黄、動物脂肪などに含まれていて、酸化防止剤として体の中で作用しています。
カロテノイドは眼の水晶体と黄班部に存在し、正常な機能の働きをするために重要なものです。

 

ルテインは光に強いので、細胞がダメージを受ける危険性がある時でも抗酸化作用により防止します。
また、ルテインは青い光を吸収する作用もあります。
紫外線が害を与えることは有名ですが、その中でも最も高いエネルギーで細胞にダメージを与えるのは青い光です。
青い光は人工の光が多くテレビやパソコン、蛍光灯などから影響を受けます。

 

このように光による酸化ダメージから水晶体と黄班部を守っているルテインが減ると様々な眼疾患のリスクを負うことになります。
ルテインが不足すると水晶体にとっては白内障、黄班部にとっては加齢黄班変性症になるリスクが高まるのです。
ルテインは老眼の眼疾患にも大きく影響を及ぼすのでルテインの摂取はとても大切なんですね。