老眼 治療 費用

老眼を治療したいと思っている人は多いと思います。
最近の老眼矯正手術は様々な選択肢が増えています。

 

 

☆モノビジョンレーシック
   レーシック手術(角膜にエキシマレーザーを照射して角膜の曲率を変える角膜屈折矯正手術の一種)により、遠近を左右で使い分ける方法。
☆CK
   角膜のカーブを変える方法で角膜に高周波のラジオ波照射する。
☆アキュフォーカスリング
   角膜に穴の開いたリングを埋め込むことによって近くを見えやすくする方法。 

 

なるべく眼鏡を使わずに、遠近の両方が見えるようになる事を目標とした手術です。
しかし、それぞれ一長一短があります。

 

★モノビジョンレーシック
   片目どちらかで近くを、そしてもう片方で遠くを見る方法でどちらも眼鏡なしで見ることが出来る。
   しかし、立体的な感覚が低下するため細かい作業には不向き。
★CK
   角膜の中心部に触れないので安全性が高く、点眼麻酔で手術時間も10分ほど。
   老眼の進行により再度手術が必要になる事もある。
★アキュフォーカスリング
   効き目でない方の目に穴の開いたシートを挿入するが異物感はない。
   ただし、慣れるまで1〜3か月ほどかかり、光の量が制限されるので片目だけでは多少暗く見える。

 

 

このような老眼治療の費用はどれくらいかかるのでしょうか?
まず基本的に自由治療となり健康保険は適用されません。
その為に老眼治療の費用は高くなってしまう事は仕方ありませんね。

 

老眼治療の費用は全般的に20万から40万円前後と言われていますが、施術の方法やクリニックによって大きく差はあるようです。
老眼治療を受ける場合は費用の高い、安いというだけで選択する事は危険です。
定期検査や薬、アフターケア代など手術以外にも必要となるものがあります。
老眼治療の費用や諸々の疑問を解決するために直接クリニックに聞区事が大切です。